久しぶりにはまったのがドラゴンクエスト モンスターパレードです。
無料ゲームと言えば、カードゲームがほとんどです。
僕もちょっと手を出してみたのですが、すぐに飽きてしまいました。
画面も代わり映えしないし、シナリオすら行き詰るからです。
そして、元々ドラクエが好きだったので、まぁ一応ただだしやってみるかとモンパレを始めたのですが、
すぐにはまってしまい毎日ログインするようになりました。
ゲームのフォーマットはよく考えれば、よくあるカードゲームと同じなのですが、それを感じさせないつくりになっていると思います。
なにより無課金でもそこそこ強いモンスターが手に入り、運がよければ魔王すら仲間にできるチャンスがあるというのが大きいです。
他のカードゲームだとレアキャラを取るチャンスを得るのに課金が必須だったりしますが、
モンパレは時間をちょっとかければ挑戦はできます。
またシナリオもさくさく進めることが出来るのもうれしいです。
まだ全部のお話が配信されているわけではありませんが、特につまずく事も無く進められました。
対人まで強くなろうとすれば課金は必須かもしれませんが、そこそこであれば無課金で全然遊べますよ!
恋姫夢想三国コレクション

スマホゲームでいちばんハマっているのが「ほしの島のにゃんこ」です。育成ゲームはいろいろありますが、とにかくにゃんこが可愛いです!軽くタップするだけで、ニャ~とお返事。お仕事したり、ジャンプしたり、転んだり、地団駄踏む姿までリアクションがどれも愛らしいです。にゃんこたちのお仕事はさまざまで、畑や動物たちのお世話、収穫した作物でお料理を作り、出来上がったものをお店で販売、収入で畑や木を買い、資金を増やして調理器具を購入と、社会の構造がすべてここにあります!これはぜひ子どもたちにもプレイしてもらいたいですね。いい社会勉強になります。特にブタさんを飼い、豚肉を生産、ベーコンやハムに加工と、生々しくなく楽しく学べるところがいいです!最近では、おともだちの島へも遊びに行けるようになり、さらに遊びが広がりました。おともだちの島つくりを見て眺めたり、隠れたお宝探しをしたりと、こちらも退屈しません。私はお料理をしてもらうのがいちばん好きなので、お金を貯めて次なる調理器具、蒸し器とハンバーガーショップを目指しています!にゃんこたちに触れ合えるのが日課となっております。
触手キングダム

電車に乗っているときの現在の最高の時間のつぶし方はスマートフォンでのゲームですよね。
もちろん読書は音楽を聴く時間にしている方も多いかとは思いますが、仕事上携帯電話への連絡を見落とせない方にはスマートフォンでゲームをしていれば、
連絡が来た際に即時対応できるので一石二鳥感もあるのではないでしょうか。

スマートフォンのゲームアプリで隠れた名作、と個人的に思っているのが、3匹のコブタというパズルゲームです。
現在は ThreePiggy という名称に変わっている様です。
誰もが知っているあの、3匹のコブタです。
3匹のコブタ達が、家を襲われない様にオオカミをやつける、という内容なのですが、それをパズルゲームで再現しています。
上部には迫ってくるオオカミがいて、パズルのピースを消す度にオオカミに攻撃をすることが出来るという内容で、内容自体は単純です。
しかし、どんどん強くなってくるオオカミをやつける為には数々の道具を使ったり、使うタイミングを計ったりと色々と戦略的に行動をしなければなりません。
また、コブタや道具を強化する為にはお金が必要になってくるのですが(課金ではなく、ゲーム内での通貨です。)お金を集めるモードもあったりして、
やり込み要素は抜群です。

子供でも楽しめる単純さと、大人も熱中できる奥深さ、そして絵柄のかわいさも手伝って夢中になりすぎて、電車を乗り過ごした経験は片手では数えきれません。

そして最大のおもしろさは、絵柄や音楽からは想像もできない、オオカミが攻撃を受けたときの「声」です。
この「声」をきくためだけにでもこのアプリを落としてみる価値はあります。

また、このゲームサイトもオススメですよ→ 無料エロゲー

アイスクライマーといえば、ファミコンゲームの名作と言われているゲームです。
youtubeでの再生回数も多く、今でも根強いファンがいるゲームです。

山頂を目指す、というシンプルなルールの中でも
2人プレイをする場合には協力プレイもできれば、相手の邪魔をすることもできて、
様々な楽しみ方をすることができます。

そしてこのゲームの音楽がまた耳に残って離れないのです。
そしてその音楽は今でも色々なところで使われいます。

Continue reading ‘今でもオシャレなアイスクライマー’ »

子供の頃の一年間というのは、大人になってからの一年間とは全く違う一年間です。
大人になってからの一年間はあっという間ですが、
子供にとっての一年間は、全く新しい経験を日々、といっても過言ではないくらいに体験をするからか、
とても長い長い期間だと感じるものだと思います。

そんな子供の頃、普段はケンカしてばかりの兄と、
がんばれゴエモンシリーズに夢中になった思い出は、
つまらないことで言い合いになった時に仲直りするための
ツールとして大変役にたっています。

何よりこのゲームのいいところは二人でプレイできることです。

しかも二人で何かを競うというゲームではなくて、

二人で協力しながら冒険を進められるところが二人兄弟でやるのには最適です。
子供のころはどうしてもケンカになってしまいがちですので。

内容もギャグ満載で大笑いしながらゲームができて、
勧善懲悪のわかりやすい展開も子供心にはワクワクしたものです。

スーパーファミコンになってからはほぼ毎年ゴエモンシリーズの新作がでていたので、
毎年年末には兄弟揃ってゴエモンの新作のテレビコマーシャルをみて、
お父さんお母さんにおねだりをしたものです。

毎年年末に新作がでて、兄と共におねだりをして、
冬休みやお正月にゲラゲラを笑いながらゲームをしたあの日々は、
いつまでも僕ら兄弟を繋げてくれている様な気がします。

そんな兄が最近、ハマっているエロゲーはこれです。

すごいグラフィック、すごい音楽、想像を遥かに超えるストーリー、そういった驚くべきゲームではありませんが、
数多くあるゲームの中で今でも心に残っているゲームが
サラダの国のトマト姫 です。
アドベンチャーゲーム、という種類に該当するゲームだと思うのですが、これがまたとっても不思議なゲームなのです。

擬人化した野菜や果物が登場人物なのですが、それぞれが本当にクセのあるキャラクターばかりで。
絵柄のかわいらしさもさることながら、それぞれのセリフもまた本当にツボをついてくるのです。

Continue reading ‘なつかしのゲーム、サラダの国のトマト姫’ »